サポート概要

OUTLINE

産業サポート白河の概要

産業サポート白河は、「地域企業の産業活性化」を目的としています。活性化を進めるためには、行政区域にこだわることなく、企業の皆様のご意見を大切にしながら、そして何より地元企業・誘致企業の皆様が利用しやすく、企業間の「情報交換交流の場」として活用していただければと思っております。
地域産業の活性化を目指し、地域企業を本気で支援いたします。
また、有識者研究会を開催し、産業サポート白河の事業運営に反映をしています。
平成23年4月1日より、白河市産業プラザ産業支援センター及び人材育成センターの指定管理者として、同施設の管理運営を行っています。

名称

一般社団法人産業サポート白河

変遷

2008年10月 任意団体として産業サポート白河を開所
2009年 3月 一般社団法人産業サポート白河を設立

役員

代表理事 加藤和明(白河商工会議所議員/株式会社加藤螺子製作所代表取締役)
理事 鈴木和夫(白河市長)
理事 近藤善一(株式会社コンド電機代表取締役)
理事 鈴木富幸(スズテック株式会社代表取締役)
理事 澤田 誓(東邦銀行白河支店長)
理事 金澤洋一(白河商工会議所専務理事)
業務執行理事 和知政彦(兼所長)
監事 木村信二(白河市産業部長)

社員(28団体/順不同)

白河市/白河商工会議所/表郷商工会/大信商工会/ひがし商工会/白河地区経営者協会/白河信用金庫/株式会社東邦銀行/株式会社福島銀行/株式会社常陽銀行白河支店/株式会社大東銀行/福島県商工信用組合白河支店/夢みなみ農業協同組合白河地区支援センター/東西しらかわ農業協同組合/矢吹町/西郷村/泉崎村/中島村/棚倉町/矢祭町/塙町/鮫川村/株式会社コンド電機白河/スズテック株式会社/アズビル金門白河株式会社/中央精機株式会社白河工場/有限会社藤井製作所/株式会社スズキ製作所

事業内容

白河市産業プラザ(産業支援センター及び人材育成センター)の管理運営業務
ビジネス相談サポート
情報発信サポート
人材育成サポート
起業・創業サポート
農商工連携サポート
産学官連携サポート
パソコン講座の実施

所在地

〒961-0957
福島県白河市道場小路96番地5
白河市産業プラザ 産業支援センター内
TEL・FAX:0248-21-8995

〒961-0053
福島県白河市中田140番地
白河市産業プラザ 人材育成センター内
TEL:0248-21-7361
FAX:0248-21-7362

人材育成センター

〒961-0053
福島県白河市中田140番地
TEL:0248-22-3512
FAX:0248-21-7362

メール

MAIL:sunport@train.ocn.ne.jp

事務局員

所 長 1名
副所長 1名
相談員 3名
支援員 2名
事務職員 2名
嘱託職員 1名

相談日・相談時間

月曜日~金曜日(国民の祝日・年末年始12/29から1/3を除く)
午前9時00分~午後5時00分

設立目的

現在、わが国の企業は、生産拠点の海外移転、国内消費の低迷、海外企業との競争激化に伴う全国的な工場再編の進行、原油・鉄鋼を中心とした原材料の高騰等さまざまな困難や課題に直面しております。一方で、消費者ニーズの多様化に伴い、低価格大量生産から少量高付加価値生産にシフトする中で、最先端技術分野等における生産拠点の国内回帰の動きが見られ、東京周辺都市部においては、大企業が産学官連携の下、中小企業を巻き込みながら商品や技術の高度化を進める動きがみられます。このような状況のもと地方にある企業は遅れをとり、生産工場の統廃合を余儀なくされるといったことが懸念されます。
白河市としては、これまで企業の誘致に力を入れ、数多くの企業立地を実現してまいりましたが、雇用機会の創出・確保、地域の特色を生かした地域経済の活性化及び自主財源の確保等のためには、企業誘致に加えて既存企業の振興を推進していくことが産業振興を図る上で重要と考えています。また、平成20年2月に実施した地場企業を対象としたアンケート調査においても、「取引先の拡大を図りたい」「キーマンとなる人材を確保したい」「人材のスキルアップを図りたい」「大学・研究機関と連携してみたい」などの悩みが挙げられております。
以上の状況から、平成20年2月に発足した白河産業支援センター(仮称)設立準備委員会委員の方々からいただいた貴重なご意見・ご要望等を取りまとめ、既存企業に対する経営相談、人材確保・育成、企業間の取引斡旋、産学官連携、企業間交流の促進または起業家支援等を実施するため、産業支援機関として「産業サポート白河」を設立することとしたものであります。市は、「産業サポート白河」に対して運営及び業務支援を行うことで、ものづくりを中心とした産業の振興を図ろうとするものであります。

ページトップ